忍者ブログ
 JR京終駅前のオーガニックマーケットからのブログです。自然食品やエコロジー雑貨、フェアトレード商品を扱っています。  物語のある製品と作り手の風景を伝えながら事業をささやかにすすめています。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エコロジーな生き方の応援者に出会う
 例えば、金融機関などは、丸ごとシビアなビジネスの代表だと思う。でも良い金融機関はその中に人間の
血脈をもっているなと感じることがある。私たちのような小さな、今にも壊れそうなお店にも味のある心のある
対応をして下さるかたに出会うことが、何はともあれ幸せである。
 どんな世界の仕事にも、エコロジーな生き方の人はいる。そんな生き方を目指していなくても心根が伝わる人がいる。ささやかな融資に対しても丁寧に対応して下さり、一円の誤差にもきちんと説明があり、近況を尋ねて下さり、先の先の心配りがある。そんな金融機関に励まされることがある。

もちろん、お勤め人なので「自分の腹は痛まないからやさしくできる」という人もいる。でも、上司とお客の間にたつ立場は、それなりに大変だと思う。今は簡単に壊して、いくらでもやり直しをする時代である。ましてや、片隅のやっとある小さなお店などいつなくなっても風化されて終わるだろう。それを、ブレーキかけて、簡単には壊さない。壊れそうでも簡単には壊さない。これでもかという圧力になお踏ん張る。
 われながら苦笑してしまう。「苦労するね。」「偉い目にあうね」・・・・・つれあいと声を掛け合えば、
「俺はなれてる・・・・」という。「私もなれてる・・・・・」と答えた。子供たちの顔が浮かぶ。
「こんな親でかわいそうやな」 でも・・・・・がんばれよ・・・・・逆境は人を育てると思う。

一人でも、多くの味方に出会う生き方をする。それは決して「甘い」生き方ではない。

心のつながった人脈を積み上げて、時間をかけて利益もあげていく。それは決して甘い生き方ではない。
並大抵のことではない。物を売る単純計算ではない。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
フリーエリア

にほんブログ村 地域生活ブログへ
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
グリーンアップル
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

カウンター

あし@

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31