忍者ブログ
 JR京終駅前のオーガニックマーケットからのブログです。自然食品やエコロジー雑貨、フェアトレード商品を扱っています。  物語のある製品と作り手の風景を伝えながら事業をささやかにすすめています。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅のポイントについて
 この旅のポイントは、「喧騒を避けて人の動かないときに動く」につきると思います。

そのかわり、人の溢れる時間帯にはおとなしくしている。・・・・穂高に早めにつくと、安曇野界隈をレンタサイクルでめぐります。 子供も自分の自転車を借ります。穂高からは北アルプスの常念岳の三角錐が美しく、傍らには有明山、大天井岳の山小屋もかすかに見えます。川のほとりの「早春賦」の歌碑が思い出されます。

空気はただ、清々しく風さわやかに・・・・・午前中に遊び、午後は小さなペンションに早めにチェックイン。このあたりは「早めに来てお昼ねしていいよ」といってくれるなじみの気心知れたペンションを選ぶこともポイントです。

 昨夜の夜汽車の旅疲れもあるので、とにかく少しもったいなくても昼はひとまずゆっくりとお昼ねから。
一度、リセットしてから、小さな天然温泉にひたります。  子供達は周辺で散歩したりバトミントンをしたり、
部屋でごろごろしながら本を読んだりします。  スケッチもいいですね。^^山小屋の番人をしていたオーナーの山でのお話や、自然のお話し、信州の雪の深さなどの話を聞きながら、非日常の空間と時間を。

次の日には、大糸線をもう少し南下するもよし、白馬方面へ北上もよし。夕方には糸魚川に着くように動きます。前述した糸魚川は日本海にも面していて海の景色も楽しめます。美山パークには小さな宿泊施設があり、次の朝にはパークで遊び、糸魚川から一路北陸線で帰路につきますが。この旅もまた、富山までは快速など普通電車で日本海と立山連峰を楽しみます。もしお土産がいるなら富山での待ち時間をとって買えばよいし、帰りの汽車旅は北陸の駅弁や駅そばで楽しみます。(続)
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
フリーエリア

にほんブログ村 地域生活ブログへ
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
グリーンアップル
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

カウンター

あし@

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30