忍者ブログ
 JR京終駅前のオーガニックマーケットからのブログです。自然食品やエコロジー雑貨、フェアトレード商品を扱っています。  物語のある製品と作り手の風景を伝えながら事業をささやかにすすめています。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤い夕日と丸い月・・・・実りある仕事報われる福祉
 「夕日をみておいで」とつれあいが、帰るなりつぶやいた。無人駅のロータリーにスリッパで走ると
マンションの合間に赤い夕日が、光を落として沈みかけていた。ほんのひととき見とれて過ぎた。

あすならに届け物をして、ふと、東の空を見ると、古都の低いビルの合間に春を思わせる満月が出ている。

「月を見てきたら?」今度は私がつれあいにつぶやいた。ほどなく彼は東の空を観る。

こんな日は珍しいかもしれない。北島さんの活動を見ていて、やはり福祉は報われないと意味がないと思った。以前の配食は、高齢者の方の感謝の手紙や言葉だけが支えだった。もちろんそれだけでは生きていけない。いただく報酬は食べていただいた方と自分たちの間の実りでないといけない。少なくとも互いが楚々たる暮らしを成り立たせるささやかな幸福感だけでも実らないと生きてる心地もしないことになる。

もし、この関係に大きな組織が関わるとすれば、この双方を大きく見守り、この双方が成り立ち、なおかつ、自分の組織もかろうじて守れる強さ、やさしさ、寛大さ、ゆるぎない支柱などが長けた組織でなければならないだろう。もし、この三者のなかで、ひとつだけ利益主義の強者がいるとしたら、これはもう、福祉たるものではない。もしこの中に貧困の窮みを味わう者がいたら、三者の関係は公然と修正しなければならない。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
フリーエリア

にほんブログ村 地域生活ブログへ
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
グリーンアップル
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

カウンター

あし@

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30